電話する

地図

問い合わせ

メニュー
■■ 年末年始の休診日のご案内 ■■
12月29日(金)~1月4日(木)まで
休診とさせて頂きます。
ヘッダーオファー

お薬手帳をお持ちください Part1 高血圧のお薬

2022年10月16日

こんにちは。大阪市福島区の歯医者 富永歯科クリニック院長富永佳代子です。皆さんは内科、整形外科、皮膚科などかかりつけのお医者さんがありますか?日頃から服用しているお薬はありますか?そして、お薬手帳をお持ちでしょうか?歯科受診する際に、他科で処方されているお薬の情報が、大事なことをご存じでしょうか?「病院に行くならともかく、歯医者さんに行くのに、必要ないだろう。」「持病のことは知られたくない。」と思う方もおられると思いますが、その考えは危険です。安心、安全な治療のために、持病やお薬のことをぜひ私たちにお教えください。

どうして伝えないといけないのでしょうか?

歯医者さんを受診したときに、最初に記入する問診表に、持病や服用薬を質問する項目が必ずあります。そして、歯科医や歯科衛生士から、「治療中の病気や服用薬はありますか?」と質問されますよね。その時、きちんと歯科にお伝えしてますでしょうか?「歯科には関係ないからいいだろう。」「持病について、あまり言いたくない。」と思い、お話されない方もおられます。しかし、病気や薬によって、歯科が知らないまま治療を進めてると、治療後に痛みが続いたり、治りが悪くなったり、患者さんが苦しい思いをすることもあります。場合によっては、生命に危険が生じることもあります。

特に、抜歯インプラントなどの外科治療を受けるときに、病気やお薬服用内容が重要となります。様々な病気やお薬が影響するのですが、多くの方が罹患されている、もしくは治療している次の5つの病気とお薬についてお話していきます。

  • 高血圧と薬
  • 血栓症と血液サラサラにする薬
  • 骨粗鬆症とその薬
  • 糖尿病とその薬
  • 自己免疫疾患などの方が服用されるステロイド剤

高血圧とその薬

高血圧とはどんな病気でしょうか?

日本人の国民病の一つである高血圧症。字のごとく血圧が高い状態です。血圧とは、心臓から全身に血液が送られる時に、血管の壁にかかる圧力のことです。この圧力が高いまま放置しておくと、脳や血管に負担がかかります。高血圧症は、脳卒中(脳血管障害)や心筋梗塞、心不全の最大のリスクです。脳の血管が破れると、脳出血、クモ膜下出血を起こし、最悪の場合は死に至ります。高血圧症の患者さんは約4300万人いると報告があり、高血圧症が」原因の脳卒中や心疾患により年間約10万人が死亡していると推定されれいます。

お薬(降圧剤)は何のために?

高血圧症の方が服用されているお薬は「降圧剤」です。降圧薬は、たくさんの種類があり各々作用の仕方は違いますが、目的は「血管にかかる圧力を下げる」ことです。たとえば、カルシウム拮抗薬は、血管の収縮を抑えて血液の通り道を広くすることで圧力を下げる効果があります。

歯科治療に関係することは?

歯科受診をする際、誰もが緊張すると思います。診療チェアーに横たわると「痛くないかな?」「怖いなぁ」とストレスを感じ、外科処置の麻酔注射、抜歯処置など緊張します。高血圧症でない方でも、ストレスを感じ血圧は上昇しますが、これは一時的なことで「白衣性高血圧」と呼ばれています。

まして、高血圧症の方は、治療時の緊張でさらに血圧が上昇し、心臓がドキドキし、脳血管への影響が増します。そして、内圧が上がり、脳出血を起こしてしまうと救急搬送が必要となります。そうならないために、歯科受診の際には、高血圧症であるかの情報が必要なのです。血圧が上昇しにくい麻酔注射液に変更することや、必要な場合は施設の整った病院で、全身モニターをしながらの歯科治療への紹介が必要となります。

歯科からのお願い

万一のトラブルを避けるために高血圧症の方は、お薬を飲んでいるかお伝えください。自己判断で、服用を中止しないで下さい。血圧が高めの方の治療時は、必要であれば血圧を測定しながらの治療になります。緊張により血圧が一時的に上昇している場合は、落ち着くまで時間を取りながら治療をするので、時間がかかる場合もあります。血圧上昇したままなら、内容によっては治療を延期する場合もあります。

次回、引き続き他の疾患とお薬のお箸をします。

富永歯科クリニック院長 富永佳代子

 

 

一覧に戻る

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

医療法人健匠会 富永歯科クリニックへのお電話からの問い合わせは06-6458-6118へ

診療時間
8:30~12:00
13:30~17:30
/
/
/
/
/
休診日 / 日曜日・祝日・土曜日午後
※ 祝日がある場合は 水曜日 診療あり
ご予約・お問い合わせはこちら
外観
フッターオファー
© 医療法人健匠会 富永歯科クリニック