電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

歯を抜かない方が良いのは本当? Part1

2021年5月25日

こんにちは。大阪市福島区の歯医者「富永歯科クリニック」 副院長 赤野弘明です。今回は、歯を抜く?抜かない?どちらが良いのかについてお話します。

歯を抜くのが良いのでしょうか?

歯を抜かないのが良いのか?抜くのが良いのか?というのは、昔から色々と話題になるテーマではないでしょうか?
歯医者に行くと、歯を抜かれるのではないかと不安に思って、なかなか歯医者に行かない人もいますよね。
歯を抜くのは本当によくないのでしょうか?
誰でも出来ることなら、歯を抜かずに温存して治療して欲しいと思うことでしょう。
しかし、歯を抜くにも色々な基準があります。

まず、普通の歯科医なら、何も問題のない、治療によって機能を回復できる歯を抜歯する事は、まずあり得ないと思います。歯を抜かない事を打ち出して、患者さんを集めているような歯科医院もあるかもしれません。これは歯を抜かないのではなく、抜く必要のある歯でさえ抜かずに放置して、とことん問題がでるまでほっておく、ちゃんとした治療を行えない歯医者が歯を抜かないのがポリシーのように謳っているだけです。
このように、自然に抜けるまで治療せず放置する治療の末路はとてもミゼラブルです。
このブログを読んでおられる患者さんには、正しい知識を得て、良い治療を受けてもらうためにどのような場合に抜歯を検討するのかについて、抜歯をする基準についてお話していこうと思います。
もちろん、抜歯の基準は、その後の治療の内容や治療のアプローチにより、医院によって多少は異なりますが、前提として良い結果を目指しているという点では同じだと思います。

抜歯の基準

①歯周病により保存が不可能

歯周病とは、歯の周りの骨が炎症で溶けてしまって、歯を支える機能がだんだん少なくなっていく病気です。つまり、歯をしっかり支えられないので、歯がグラグラしたり、噛むと痛かったり、冷たい物や熱い物がしみるような症状がみられます。
お家で例えるなら、家の柱が歯根で、歯の被せが屋根や壁など外観の良さを表すものです。
豪邸と人が認識するのは、ほとんどはその見栄えが豪華に見えることからだと思います。いわゆるセラミックの被せなどがこれに当たると思います。
家が長期間持つためには、この外観の素材だけでなく、柱がしっかりしていて、しっかりと外壁などを支える必要があります。どんなお家を建てるにも、基礎工事が肝心です。
つまり、歯の周りの骨が歯周病でなくなっていては、歯そのものが持たないのです。
歯を長持ちさせるために、歯周病の治療抜きに行う事ができません。
この時、グラグラの歯を抜かずに置いておくという事は、骨の吸収がかなり進んで、多くの歯周病菌が増殖していて、炎症の原因を除去できないため、その歯槽骨の吸収が他の歯にも波及していきます。
結局、他の歯まで歯周病が拡大して、多くの歯を失ってしまうことになるのです。
炎症の拡大の可能性がある場合、歯周組織再生療法歯周治療の適応限界を超えているものについて、抜歯をした方が他の歯を長く維持するために必要となります。このような状態が抜歯の対象となります。

②虫歯が深いために保存が不可能

歯に安定した被せを作る事ができる一つの条件は、歯肉から上の部分の歯が2mm以上全周に渡って残っている事です。もし、虫歯をとって、見えている歯の部分がほとんどない場合は、矯正的挺出、歯冠長延長術、外科的挺出などの方法を検討します。これらの処置を行って、骨の中にある歯根の長さがもとの50%以下の場合、抜歯の対象となることが多くなります。歯根は、極端な表現をすると円錐形をしていて、歯根の先端にいくほど、先が細くなり強度が少なくなります。もし50%長さが減少すると、骨の中にある表面積は25%程度(円錐形という仮定なら)になり、歯としての強度が1/4になってしまうのです。つまり、歯冠を延長する処置を行っても、歯根の50%が残らない場合が抜歯の一つの条件となります。もちろん、複数歯を連結したりした場合は、これより悪い条件でも残すことが多くあります。

やや専門的なお話で、難しいかもしれません。次回は、抜歯の基準の続きをお話しします。

富永歯科クリニック   副院長 赤野 弘明

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

医療法人健匠会 富永歯科クリニックへのお電話からの問い合わせは06-6458-6118へ

診療時間
8:30~12:00
13:30~17:30
/
/
/
/
/
休診日 / 日曜日・祝日・土曜日午後
※ 祝日がある場合は 水曜日 診療あり
ご予約・お問い合わせはこちら
外観
フッターオファー
© 医療法人健匠会 富永歯科クリニック