電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

虫歯の進行について

2021年2月25日

こんにちは。JR環状線「福島駅」から徒歩1分の「富永歯科クリニック」

院長 富永 佳代子です。

今回は「虫歯の進行」についてお話しさせていただきます。

その前に、歯の構造について簡単に説明しますね。

歯の表面は・エナメル質(鎧のように固い)・象牙質(柔らかく細い管がたくさんある)・歯髄(しずい 神経)の三つの層から構成されています。

どこまで穴が開いているか?つまり虫歯が進行しているかで、症状が変わってきます。

虫歯の治療は、穴の深さ、症状によって処置内容、回数が変わります。

誰もが痛くなく、少ない回数、短い時間で終わってほしいと願っていると思います。

では虫歯の進行度合いを説明します。

・初期カリエス

エナメル質表面虫歯で、穴は浅いので、冷たいものが染みる、温かいものが染みる、甘いものが染みるなどの症状が出ません。

自身で気づくことは少なく、歯科医院で見つかることが大半です。治療は一回もしくは二回で終了します。すぐに削って治すのではなく、「フッ素塗布、ブラッシング指導」で経過を見ながら進行を防ぐ場合もあります。もしくは光で固まる「光重合型レジン」と呼ばれる歯と色が似ているプラスチック(樹脂)で治す方法があります。治療で痛みを感じることは少なく 麻酔注射もしないことが多いです。

・中等度カリエス

虫歯は象牙質まで達していて 冷たいもの、甘いもので痛みを感じ、「穴が開いてる、歯が欠けている」などご自身で症状に気づき、 来院されます。治療方法は、穴が大きいので、プラスチックであるレジンで治すのは無理があり、型を取って(印象)強度の強い金属の詰め物、セラミックの白い詰め物で治すことが選択肢のメインになってきます。治療時は、痛みを感じることがあるので、麻酔をしてから行います。

「麻酔は痛いですか?」聞かれることがあります。注射なので 針を刺すという行為に対しての痛みはあります。しかし、表面麻酔の使用、細い注射針の使用、針を刺す場所、注入速度によって、麻酔注射の痛みは少なくなるように心がかけています。

・重度カリエス

虫歯は、歯髄(神経)まで達しており、「急に熱いもので痛くなる」、「食事をした後からズキズキ痛みが出て止まらない」、「夜、眠れない」、「鎮痛剤を飲まないと生活に支障をきたす」など、痛みに悩まされます。

治療方法は、
①麻酔をして(痛みが強いと麻酔の効果が悪い場合もあります。)
②虫歯の部分を取り除いていき
③炎症(痛み)の起こっている神経を取り除くいわゆる抜髄処置(ばつずいしょち)、根管治療(こんかんちりょう)を行う
④虫歯で歯が崩壊しているので、土台を立てる処置
⑤金属やセラミックのかぶせ物(クラウン)を作製するなど、何段階にも処置が続くため、時間 通院回数 治療費がかかります。

つまり、「虫歯は早期発見、早期治療が原則!」せめて1年に1回は、歯科医院に行って、虫歯がないか、歯石(歯の汚れが固まって石のようになっている)がついていないか診てもらい、適切な処置を行うことが大事です。

半年から1年の期間で虫歯がないか、チェックしていると、虫歯が見つかっても、数回の治療で終わることが多いです。また ご自身で症状があるのに、「気のせいかな?」「痛かったけど、痛みが消えたので大丈夫かな?」などと 放置していると後になって、痛みがぶり返して,さらに痛みが強くなり後悔することになりますので、気になることがあったら、怖がらずに歯科医院に行ってくださいね。

アメリカでは、歯科医院はクールでポジティブなイメージ、歯科医師、歯科衛生士はなりたい職業ベスト5に入ります。

ところが、日本人にとって歯科医院、歯医者さんは、怖いところ、痛いことをされるところ、歯を抜かれるなどネガティブなイメージが強いのが残念です。

富永歯科医院のスタッフは、さまざまな種類の痛みで苦しんで来院される方々の訴えに真摯に耳を傾け、来院されたその日に痛みから解放できるよう、リラックスした環境で治療を受けてもらえるように努力していきます。

院長 富永 佳代子

 

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

医療法人健匠会 富永歯科クリニックへのお電話からの問い合わせは06-6458-6118へ

診療時間
8:30~12:00
13:30~17:30
/
/
/
/
/
休診日 / 日曜日・祝日・土曜日午後
※ 祝日がある場合は 水曜日 診療あり
ご予約・お問い合わせはこちら
外観
フッターオファー
© 医療法人健匠会 富永歯科クリニック